美容師資格取得方法

美容師とはヘアサロン・美容院を営む方や従事している方が取得している資格です。

パーマネントやヘアセット、カラーリング及び化粧などを行うことができます。

美容師の資格を取得する方法は、まずは美容師養成のための学校に昼間・夜間課程は2年間、通信教育課程であれば3年間の修業が必要になります。

専門学校では実技や美容に関する知識、メイク法やマッサージ法などを習います。

またこのほかには、理美容関係に必要な法律のほか、美容師として必要なスキル、環境衛生や感染症に関しての知識を養います。

養成学校を卒業後に国家試験を受けて合格した方が美容師としての資格を持つことができます。

試験は2年に2回行われ、筆記試験と実技試験から成り立ちます。

国家試験合格後に免許を申請して都道府県知事より美容師免許が交付されることになります。

美容師資格を取得するための専門学校は全国各所に点在しています。

通いやすいところを選ぶことが一番ですが、中には寮完備の学校もありますので、地方から都市部で最先端の技術を学びたいと飛び込んだ方でも対応できる学校を選ぶとよいでしょう。

また学園祭などのイベントが多い学校がほとんどですので、在学中も楽しんで勉強に励むことができるでしょう。

美容師資格を取るための勉強をしている時もそうですが、美容師資格を取得後にも、現在の流行やファッションリーダーの動向などに常にアンテナを張り巡らせてオシャレ度を磨く必要はあります。

また美容師資格取得後も数年間インターンとして働かなければならない企業もあるようです。