ドルコスト平均とは?

値動きのある商品を一定の金額で継続購入して、価格変動リスクを分散する方法を、ドルコスト平均法といいます。

例えば株式において、毎月一定額で株を買い付けていく方法です。

こうすることによって、株価が下落した時に多くの株数を購入し、株価が上昇した時に少ない株数を購入するという形になります。

ドルコスト平均のメリットは、安くなった時を狙って買うことが自動的にできるという所にあります。

さらに価格が高い時には、購入できる数量が少なくなるため、最終的な購入平均コストが安定するのです。

一定の数量を継続的に購入するということと似ているように見えますが、リスク面ではこちらの方がはるかに小さいのが特徴です。

ドルコスト平均には、さまざまなメリットがありますが、当然デメリットになるようなものもあります。

一度に多くの数を買うことができないため、取引手数料がどんどんかさんでいきます。

取引手数料がかからないタイプなら問題ありませんが、たいていの場合は発生するので、ここが難点です。

ドルコスト平均で注意しなければいけないものとして、高値づかみをすることはないが、底値で買うこともできなくなるというものです。

さらに相場が一方向にしか動いていない時には、どちらに動いていても損をしてしまいます。

ドルコスト平均は、安定性を重視する人に良い方法ですが、この方法だけがすべてではありません。

その時の状況に合わせて、最適な方法を選ぶようにしましょう。