ネット銀行の安全性は?

ネット銀行はインターネット専用の銀行であり、実店舗をもたない銀行でもありますが、セキュリティを含めた安全性への対処が気になるところです。

ネット銀行の口座を開設したり、口座への入出金、残高照会など、全ての取引をインターネット上で行います。

24時間いつでも好きな時に、アクセスできるので非常に便利なことは間違いありません。

しかし、インターネット上でのセキュリティ面が脆弱だと、個人情報や口座情報を盗まれてしまい、口座だけなく預金そのものを悪用される恐れがあります。

特に重要となるのが、取引に使用するIDやパスワードです。

ネット銀行では、定期的にパスワードを変更することを推奨しています。

これは、パスワードを変更することで、セキュリティ強度を高め、本人以外が口座情報にアクセスできないようにするためです。

また、ネット銀行の預金保護は、一般的な銀行と同じであり、預金保障制度の対象になっています。

そのため、仮にネット銀行が破綻してしまってもペイオフが発動され、元本1,000万円までの預金と利息を返してもらうことができます。

尚、時々、ネット銀行間や同行内で誤った入出金が見受けられます。

一般的な銀行と比較して、取引や手続きが簡単に行えるため、全く違った人に振り込んでしまったり、自分の個人情報を公開してしまうケースがあります。

ネット銀行の安全性は100%と言えるわけではありませんので、自分の口座情報や取引内容、そして操作含めて自己管理を徹底させることが大切です。