ニキビ用の塗り薬とは?

ニキビの治療方法には、塗り薬を使って治療する方法もあります。

ニキビ用の治療薬には、ドラッグストアなどで販売されている市販の塗り薬もありますし、皮膚科で処方される塗り薬などもあります。

ニキビ用の塗り薬にはどのような効果が期待できるのでしょうか? 市販されているニキビ用の塗り薬には、毛穴に詰まっている皮脂を吸収してつまりを解消してくれるタイプの塗り薬が多いようです。

中には炎症を抑える消炎作用のある成分が配合されている事もあるようです。

皮膚科で処方してもらえる塗り薬には、強い消炎効果がある塗り薬などがあるので、赤ニキビの炎症などをスピーディに改善する事ができるようです。

また、抗生物質などが配合されている塗り薬などもありますし、ステロイド成分によってニキビをスピーディに改善する効果のある塗り薬など、いろいろなタイプの塗り薬が処方されるようです。

また、皮膚科で処方される塗り薬の中には、ニキビの原因でもあるアクネ菌をすっきりと殺菌してくれる塗り薬などもあるので、すでに出来ているニキビの悪化を防ぐことができるだけでなく、ニキビができにくい肌質を作る事も出来ます。

アクネ菌を殺菌してくれる塗り薬の中には、クリームタイプの塗り薬もあればローションタイプもあるようです。

ニキビ用の塗り薬は、ニキビが出来ている部分に塗布するタイプが多いので、普段のスキンケアとして使えるわけではないことも多いものです。

そのため、塗り薬だけに頼らずに、ビタミンCやどくだみなど、肌の抗酸化効果のあるサプリメントやスキンケアなども併用しながらニキビケアを進めると良いでしょう。