今日借りれる消費者金融といえば?今すぐ借りたい人におすすめする即日融資ランキング!

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

参照:http://anpp.info/ranking/during-today.html

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を獲得しています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。